会社案内

山形県最上地域を
鶏の一大産地へ

良い鶏が育つには、人と同じように
「良い食べ物」「良い育成環境」が大切です。

自然豊かな山形県最上地域にある清流鮭川の地にて
山形県産米を食べて健やかに育つ「やまがた最上どり」
美味しさはもちろんのこと、「農場HACCP」にも取り組み
安心・安全に徹底的にこだわっています。

毎日出る鶏糞は肥料に、その肥料を使ってお米を育て、また餌になる。
そんな「循環型農業」を山形県最上地域の人々と一体となって推進しています。

最上(さいじょう)の鶏を最上(もがみ)の地から———。

コンセプト

株式会社アイオイ|ロゴ

株式会社アイオイは、
安心安全な鶏肉 を提供するために
最善の努力を続ける企業です。

地名の 「最上(もがみ)」 と掛け合わせて
「最上(さいじょう)=NO.1」 を目指して参ります。

アイオイ(相生) という言葉には 「共に育つ」 という意味もあります。

「いのち」を育み、「いのち」をいただき、「いのち」を支える営みに感謝しながら
地元鮭川、最上地域と一体となって育まれていく・・・
そんな企業を目指していきます。

会社概要

会社名
農業生産法人 株式会社 アイオイ
代表者
代表取締役 五十嵐 忠一
所在地
(事務所)
〒999-5207 山形県最上郡鮭川村大字庭月2899-1
山形県最上郡鮭川村大字庭月3810-1 (三ノ平ファーム)
山形県最上郡鮭川村大字庭月4595-1 (鶴ヶ平ファーム)
山形県最上郡鮭川村大字庭月4144-2 (観音寺ファーム)
連絡先
TEL:0233-29-6252
FAX:0233-29-6263
設立日
平成18年6月 (創業:昭和54年5月)
資本金
1,195万円
従業員等
役員3名 正社員19名(内事務4名) パート15名 臨時(出荷時雇用延約1,000人)
※2020年12月現在
業務内容
ブロイラー生産 (毎日7,000羽・年間170万羽)
鶏肉の加工品販売
鶏糞焼却灰による特殊肥料の生産・販売
飼料用米取組 (循環型農業)
鶏舎の特徴
鶏舎内床暖房設備
全自動ウインドレスシステム鶏舎
環境対策CO2削減、省エネ(LED照明設備)
鶏糞温水ボイラー設備(バイオマス) A重油代約70%コストダウン
沿革
昭和54年 観音寺ファーム建設〜完成
平成18年 「農業生産法人 株式会社アイオイ」として法人化 (6月登記)
平成19年 鶴ヶ平ファーム建設
平成27年 山形県、創意工夫プロジェクト事業 畜産拡大支援事業(山形県、鮭川村)
平成27年 三ノ平ファーム建設
平成28年 飼料用米、検査機関登録
平成28年 畜産クラスター事業にて飼料用米倉庫建設 (300坪)
平成28年 農場HACCP指定農場
平成29年 畜産クラスター事業 鶏舎300坪建設 (常時18,000羽)
平成31年 「農場HACCP認証」取得 (ブロイラーでは全国初!!)
平成31年 畜産クラスター事業 新鶴ヶ平ファーム建設 (常時140,000羽)
令和02年 食品加工施設完成 4月より操業開始
令和02年 観音寺事務所完成

農場紹介

  • 三ノ平ファーム

    (平成27年11月完成)

    [住所] 〒999-5207
        最上郡鮭川村大字庭月3810-1
    [鶏舎] 5棟(1,500坪)
    [鶏数] 常時9万羽(年54万羽)

  • 鶴ヶ平ファーム

    (平成19年2月/H31年3月完成)

    [住所] 〒999-5207
        最上郡鮭川村大字庭月4595-1
    [鶏舎] 23棟(2,600坪)
    [鶏数] 常時13.2万羽(年93.6万羽)

  • 観音寺ファーム

    (昭和54年5月完成)

    [住所] 〒999-5207
        最上郡鮭川村大字庭月4144-2
    [鶏舎] 4棟 (400坪)
    [鶏数] 常時2.4万羽(年14.4万羽)